上海のホテルは英語が通じない!?Wifiもアウト!

↑前回のストーリー

中国東方航空の用意してくれたホテルで一泊し、目が覚めたらすでに昼の12時になっていました。

泊まったホテルはここ↓

迪康精品酒店Dikang Boutique Hotel

まだ搭乗まで12時間あまりあります。フルスロットルの4歳児と1歳児をつれて、ホテルで9時間も缶詰なのも大変なので、今日のプランを立てることにしました。

ホテルは無料wifiと謳ってますが、これが全然使い物になりません。yahooのトップページを開くにも、数分たってようやく繋がるか途中で切断されるレベル。インターネットは早々に諦めて、フロントに行ってみることにしました。明け方のスタッフは英語は全然通じなかったけど、日中のスタッフなら、英語は通じるはず♪

ところがどっこい、日中のスタッフも英語は全くダメ。国際都市上海の4つ星ホテルなのに、外国人客はどうするんだ!?タダで泊まってるから文句は言えないけれども。

インターネットもダメ、フロントも英語ダメ。まったくお手上げです。しかし、ふとフロント横を見ると、そこには上海ディズニーランドの案内板が。中国語で全く意味不明ですが、どうやらこのホテル、ディズニーランドのパートナーホテルっぽい。フロントで入場券も買えるようです。

もうここで私の心は上海ディズニーに行く!と決まりました 😛 場所も行き方もわからないけれども

訳のわからない外国人がフロントで粘るので、スタッフも数人出てきてくれました。しかし、やはり誰1人英語が通じません。でもその中の1人が、自身の携帯の翻訳アプリを取り出してくれました。Good Job!! 💡 

翻訳アプリを使って、上海ディズニーに行きたいこと、空港までは送迎を使わず自己責任で行くことなどを告げ、無事チェックアウトをすることができました。翻訳アプリもなかなか使える♪ちなみに私の携帯の翻訳アプリは、インターネットが繋がらないので使い物にならず><

なお、アプリを用いた中国語-日本語変換は、トンチンカンな翻訳になるので、中国語と文法が似ている英語で翻訳をしました。こっちの方がまだ綺麗に翻訳をしてくれます。相手の中国人には、日本人のくせになぜ日本語翻訳でないのかと、変な顔をされますが 😳 

また、ディズニーまでのタクシー料金を聞いたところ、20−30元程度とのこと。この時点で1元が何円かもわかりませんし、知る術もありませんが、ディズニーの入場券が370元と案内に書いてあるので、まあさほど高くはないのでしょう。近くのATMで1000元ほどおろし、ディズニーランドに向かうことにしました。

はーこは思いがけず、ディズニーランドへ行けることがわかり、目を白黒させながらも喜んでタクシーに乗りました。

さあ、夢の国へレッツゴー!! 😀 

 

↓つづく




シェアしてね

RSS
Follow by Email
Facebook
Twitter