子連れでフランクフルトへ出発 上海経由で大混乱!

関空-フランクフルトの往復チケットを、中国東方航空で14万円でゲット。

家族や知人に中国経由便なのを心配されつつ、いざ2人の子連れでフランクフルトへ!

平日なので、きっと機内も空き空きで、快適なはず♪

ところが、3時間の余裕を持って関西国際空港に着いたものの、チェックインカウンターは見たことのないほどの長蛇の列!!ざっとみて100mはありそうです。全然はけそうにないので、4才と1才の子連れといえども、仕方ないのでその列に並びます。列に並ぶ前には、子供のトイレはお忘れなく。

約1時間ほど列に並んで、ようやく事態が飲み込めました。

上海が悪天候にて空港が閉鎖し、1つ前どころか、2つ前の便もまだ到着していないらしい!なんてこった!!

私の予定の便より前のお客も並んでいるわけで、さらにお客からの問い合わせや、振替便の手配などで、そりゃ長蛇の列になるわけだ。

さらに2時間並んでようやく自分の番になったときは、すでに元々の出発予定時刻になっていました 😥 この時点でもうヘトヘトです。旅はこれからだというのに!!

上海にて乗り継ぎがあるので、カウンターのお姉さんの配慮にて、2つ前の便に振り替えてくれました。その2つ前の便もまだ到着してないんだけれどね…

また、システム障害なのか、カウンターのお姉さんが出来ないだけなのか、はーこには関空-上海-フランクフルトの全ての搭乗券が出たんだけれど、私と膝上乳児のばぶこの分は、関空-上海のみしか出ず。上海-フランクフルトの搭乗券は、上海の乗り継ぎカウンターで出してくれと言われました。

そんな!上海は今、大混乱なのに大丈夫なのか!?

お姉さんは大丈夫!!と太鼓判だけど、どうも不安。荷物は、はーこの航空券に付けて、フランクフルトまでのバゲッジスルーになりました。

さて、2つ前に変更になった搭乗券、一応時間は書いてあるけれど、常に掲示板を気にするようにとのこと。焦るのも嫌なので、手続きが済むとすぐに制限区域内に入ることにしました。

上海行きのロビーは、大混雑。すでに疲れた顔の日本人やら中国人やらがいっぱい。これからどうなるのやら…

 

↓つづく




シェアしてね

RSS
Follow by Email
Facebook
Twitter