フランクフルトでピアノレッスンとピアノレンタル

子供には、できたら文化的な趣味や特技を持ってもらいたい。ずっと前からはーこ(4歳)にピアノを習わせたいと思っていました。生活がようやく落ち着き、フランクフルトでピアノレッスンを開始することになりました。

ピアノ講師(日本語)の探し方

インターネットで検索

日本語で『ピアノ』・『レッスン』・『フランクフルト』と検索しても、あまりヒットしません。あまり一般的ではないようです。

ジモモ・フランクフルトで質問

いくつか回答が得られることもありますが、回答がつかないこともよくあります。質問は無料ですので、困ったら聞いて見るのも手かもしれません。

日本人学校(小学校)の掲示板オススメ!

日本人学校に通われている あるいは、出入りできる方は、小学校の掲示板をみるのが一番情報が載っています♪小学校に入って、左側にあります。ピアノ以外にも、バイオリンや英語・ドイツ語、医師・歯科医師といった情報もあるので、子供関連で知りたい場合は、学校の掲示板がオススメ!
幼稚部には、あまり掲示されていませんので、ご注意ください。

近所のスーパーの掲示板オススメ!

REWEなどのスーパーには、大概掲示板があり、近所の方の情報交換の場になっています。フリーマーケットや、習い事、ベビーシッターやお手伝い募集などの情報もあります。私はこれで、たまたま近所の講師を見つけることができました♪スーパーに買い物に行く時は、ちょくちょく掲示板をCheck!

ピアノ レンタル? キーボード(電子ピアノ)購入?

日本にまた帰国する予定でしたので、ピアノ購入は選択肢にありませんでした。

ピアノレンタルか、キーボード(電子ピアノ)購入で迷いました。

ピアノ購入 キーボード購入
メリット 本物のピアノのタッチが学べる
正しい姿勢で学べる
テンションが上がる♪
安い価格から選べぶことができる
静かで近所トラブルになりにくい
不要になっても掲示板で売れる率が高い
デメリット 送料・賃料入れると年間12万円くらいかかる
騒音対策が必要
最低賃貸契約期間が12ヶ月から
値段の安いものは、音色や鍵盤のタッチがイマイチ

ジモモの掲示板では、キーボード(電子ピアノ)関連はちょくちょく出てきていますし、不要になっても割とすぐに買い手もつく印象でした。

経済的(ケチ)な私の気持ちはややキーボードよりに傾いていたのですが…

ピアノの先生に相談したところ、まだ始めたばかりなので、キーボードでもOKとのことでしたが、それでもキチンとピアノを練習するには最初が肝心。

キーボードにしても、最低700 euroくらいするものでないオススメできない。それならば、ピアノをレンタルするのとさほど変わらないから、ピアノレンタルをオススメすると言われました。

ピアノレンタルの会社をいくつか紹介してもらって、とりあえず見に行くことになりました。紹介してもらったのはこちら。

ピアノレンタル会社

Stollenwerk
Rhönstr. 55  60316 Frankfurt am Main
月曜~金曜 10:00-18:00 土曜 10:00-14:00
Zooの近く 日本語サイトあり

C. Bechstein Frankfurt
Eschersheimer Landstr. 45 60322 Frankfurt am Main
月曜~金曜 10:00-19:00 土曜 10:00-16:00
U1, 2, 3, 8のGrüneburgweg(Hauptwacheから北へ2駅)おりてすぐ

サイトには、PDFでピアノのレンタル価格も載っているので、あらかじめ見て行くことが可能です。
2018年2月現在のレンタル価格(PDF)
Mietangebote_2018_FlyerA5_Screen

思ったより素敵だったピアノ レンタル代も諸経費含めるとやや高額に

とりあえず、土曜日の午後も長めにあいてるBechsteinの方を見に行くことにしました。せっかくドイツにいるのだから、ドイツのピアノメーカーというのも気になるところ。

Bechsteinのお店ではスタッフが3人、出迎えてくれました。とても感じがよく、紳士的。英語で会話が可能でした。値段が高いものを勧められるわけでなく、4歳のはーこのためのピアノということで、最初から一番安いモデルを勧めてくれました。

昔実家にあったアップライトピアノはコンパクトといってもそれなりに威圧感があったのですが、このBechsteinのコンパクトは本当にコンパクトでびっくりしました!また、心配していたピアノの騒音ですが、最近はサイレント機能のオプションがあり、スイッチ1つでヘッドホンにも変えられるとのこと!時代は進んでいるのですね。

キーボードとの比較で悩んでいた騒音もクリアし、あとは値段と兼ね合いです。

だいたいピアノレンタルは50 euroくらいかな?と思っていたのですが、どうやらピアノ本体は57 euro/monthからあるのですが、ピアノ椅子(5 euro/month)サイレント機能(20 euro/month)は別途費用とのこと。なんだかんだいっても最低月80 euroはかかるよう。

さらに、往復の送料(片道170 euro)と、調律費用(250 euro/year)など含めると、年間15万円以上はかかりそう。レンタルといっても意外と高い!うーむ…700 euroのキーボードと悩む母…

しかし、やはり本物のピアノをみるとピアノが良くなってきてしまいました。

しかもまったく興味がないかと思っていた夫、オージもまた、ピアノが良いんじゃないかと言っています。夫の鶴の一声で、その場でピアノレンタルを決めてしまいました。夫もはーこも私もピアノが気に入り、見に行くつもりだけだったのが、契約をして来てしまいました。

白のピアノは黒よりもほんの少しだけ高い 🙄 買うと5990 euro(約80万円)

なお、Bechsteinはレンタル会社の中でも高額な部類。もっと安く借りたい場合は、他の会社にあたれば、40 euro〜借りられるようです。




シェアしてね

RSS
Follow by Email
Facebook
Twitter