留学を成功させる英語スカイプ面接のコツ

留学先に申し込みメールをして、返事が来たら第一段階クリア。次なる関門は面接!一昔前は、(学会のついで等に)直接出向いて面接を受けていましたが、今はSkype(スカイプ)面接がメジャーです。

今回は英語のスカイプ面接を実際に経験して、役に立ったことや反省点をまとめます。

面接で必要な英語

大学入試以来、きちんとした面接をほとんど受けたことがない私。基本的な事項も含めて、予習が必要だと感じました。とにかく面接がうまく行かなければ留学はありません。留学に必要な英語、面接に必要な技術等を本で勉強しておきました。新品を買うと高いので、中古を何冊か買いました。

スカイプの準備

  • Skypeの音声やカメラの設定がうまく作動しているか、必ず事前チェック。できれば知り合いとSkypeしてみる。知り合いがいなければ、エコーテスト通話『echo123』を使ってチェック。
  •    Skype名は馬鹿馬鹿しすぎず、かつ世界で一人しかいない名前にしておく。私はまじめにTakashitahamakoとSkype名をわざわざ面接用に用意したのですが、日本中に同じ名前があふれていて、こちらのラボからどれかわからないと直前で連絡を受けました。急遽、普段使いのSkype名のもので代用したのですが、大分あせったし、モニターや画面設定を完璧にしていたのにそれも狂ってしまいました。

面接の部屋と服装

  • 企業面接とは違い、ラボとの面接でスーツまで着る必要はないように思います。でもあまりにもラフな格好はだめ。白衣を着ての面接もNG。白衣はラボで実験している時にだけ着るものです。
  • 部屋の背景も気にしておく。モニターに映る自分の背景が汚部屋などNG。

挨拶や想定の質問、英語キーワードは?

  • 最初の挨拶と締めの挨拶は繰り返しきちんと練習しておく。
  • 想定している質問と答えについて、キーワードとなる英語を画面の奥の壁などに貼り付けておく。緊張して英語が飛んでしまうので!下においておくと、目線が下になってしまう!
  • 文章でかいて、棒読みではだめ。キーワードを貼り付けておくと、英語もスムーズに。アドリブも効きやすいです。

実際にされた質問

  • どうして海外留学をしたいのか?
  • どうしてこのラボなのか?
  • 大学院での研究内容について説明して 
  • 給与はどうするのか? 滞在費用はどう工面するのか?
  • 予定している滞在期間は?

時間にして30分くらいでした。聞かれはしませんでしたが、

  • 家族構成
  • 留学をした後の将来の展望

も準備しておいた方がいいかもしれません。

その他のアドバイス

欧米人は、表情がかなり豊かなので、険しい顔をすごく普通にします。日本人だったら、眉をひそめられたら凄〜く気にしてしまう!!でも、ぜんぜん気にしない!彼らにとったら無表情のほうが何考えてるのかわからないから怖いみたいです。
 
質問内容がわからなかったら、自分もわからないという表情をきちんとしてくださいね。苦笑いは通じません。
 
それから、必要以上に恐縮しすぎないように。私がいくなんてあなたのラボはラッキーだよくらいの気持ちで、望んでください。実際にそう言うのはもちろんダメです。
 
 
最後に、挨拶は笑顔でしてくださいね!!緊張するけど、笑顔笑顔♪なんだかんだ言っても、印象が一番大切です!
 
面接を控えている皆様、頑張ってください。

次の記事もおすすめです




シェアしてね

RSS
Follow by Email
Facebook
Twitter

ハマコもやってる英会話勉強法 おすすめです!
オンライン英会話