フランクフルト行きの航空券を安く買う方法

ハマコの夫は自費留学のため、もちろん航空券代も自腹です。会社が出してくれる駐在員が羨ましい〜。

ドイツでの生活費も必要だし、チケット代金はなるべく安く抑えたい!子供2人の分のチケット代もバカにならないし。

というわけで、実際に私がとった方法と、ポイントをまとめました。

まずは航空券比較サイトで下調べ 子供の人数がポイント

最初に航空券比較サイトを用いて、日程/人数/目的地から、価格の下調べを行います。

航空券比較サイトといえば、エクスペディアやスカイスキャナー、DeNaトラベル(スカイゲート)などが有名どころですよね。

どれもさほど違いはないですが、ハマコの場合は夫が先に渡独して、私が子供2人をつれて合流する予定だったので、大人1名+子供2名(4才座席あり+1才膝抱き)の検索ができないとダメ。サイトによっては、大人の人数を超える子供は設定できないところもあります。

エクスペディアは、子供の人数や年齢を入れて検索できるので、子連れ旅行におすすめです。

フライト時間や出発時間でソート(並び替え)する

自分ひとりだったら、なるべく安いもので行きますが、子供連れだったり、時間に制限がある場合はそうはいきませんよね。

価格だけでなく、フライト時間や出発・到着時間でソートしなおすと、目的のチケットが見つかりやすいですよ!

幼い子連れの場合は、長時間フライトは深夜便がお勧めです。

午前や昼間だと、長時間のフライト中一睡もせずに相手をしないといけないことになります 💡 深夜便ならば、子供達もぐっすり寝てくれるので、親も楽です。

比較サイトでそのまま買うか、航空会社のHPから買うか

さて、比較サイトで目ぼしい航空券が出て来ました。と、ここで焦って購入してはダメ。検索で出て来た航空券は、ほとんどその航空会社のHPでも買うことができるのです。

たとえば、中国東方航空の往復チケットを買いたい場合、エクスペディアでも買えるし、中国東方航空のHPでも買うことができます。

どっちも同じじゃない?

いえいえ、違う場合もあるから要注意!!

格安の場合は、キャンセルや変更ができないと思い込んでる方もいるかもしれませんが、そんなことはありません!数千円から数万円でキャンセルや変更ができる場合もあるので、規約をちゃんと読むことが重要です。

その規約が、エクスペディア等の比較サイトで買う場合と、直接航空会社のHPで買う場合が異なることがあります。

例えば、比較サイトよりも航空会社のHPで買う方が変更手数料が安かったり、そもそも比較サイトでは変更キャンセル一切不可でも、航空会社HPでは手数料でOKだったり。マイレージ加算の有無も要チェック。もちろん、条件が同じ場合もあります。

また、航空会社HPの方が、より多くの便が選択可能な場合もあります。乗り継ぎ時間もなるべくなら短くいきたいですよね。

そこをよく吟味して、チケット購入してくださいね。

ハマコの場合は、幼い子供連れだったこともあり、不測の事態に備えて変更キャンセルできるチケットに絞って購入しました。数千円の手数料で変更できるなら、安いもんですよね。

ポイント!

乗り継ぎや往路と復路で航空会社が異なる場合など、複数の航空会社を使う場合は、比較サイトや代理店で買うことをお勧めします。一つ一つ単品で買うと割高になりますし、万が一乗り継ぎができなかった場合の対応ができないなどが問題になりますからね。

大人1名子供2名(座席あり+膝抱き)往復14万7千円でゲット!

上記実践して、ハマコは中国東方航空の関空発-上海乗り継ぎ-フランクフルト 往復チケットを15万円以下でゲットしました。

上海乗り継ぎを含めても、18時間で着きます。上海は0:10発なので、乗り継ぎ時間の間、頑張って起こしておいたら、フライト中はぐっすり寝てくれるはず!

ハマコの場合は、日本に用事がありちょくちょく帰国する予定だったので、往復チケットにしました。往路の変更もOKなのが心強いです。予約変更手数料は、1チケット1変更あたり8000円です。

ちなみに吟味の結果、エクスペディアで購入しました。このチケットの場合、予約変更手数料やマイレージ加算等、すべて条件が同じでしたので、お世話になったエクスペディアに還元したくて 😉 

満足のいく買い物ができました 😀 

次の記事もおすすめです




シェアしてね

RSS
Follow by Email
Facebook
Twitter